世界ではどれくらいリサイクル活動が進んでいるのか

リサイクル活動について調べよう

>

貧困国に届ける方法

衣料品は再利用できる

古くなった衣料品を、すぐゴミに出す人が見られます。
ですが、衣料品もリサイクルできると忘れないでください。
回収した衣料品を、必要としている国に届ける取り組みが各国で進められています。
日本でも実施しているので、貧困国に届けてください。
貧困国では、衣料品が足りません。
また数が少ないので、1着の単価がものすごく高いです。

たくさんの数があれば、もっと安い価格で売ることができます。
ですからお金のない人でも、衣料品を購入できるでしょう。
着用しない衣料品があったら、そのような取り組みをしている団体に回収してもらいましょう。
ゴミに捨てないので、焼却して有害物質が発生することを防げます。
地球環境に優しい取り組みですね。

どんな衣料品を回収しているのか

着られる状態であれば、回収している国が多いです。
あまりにも汚かったり、壊れている状態の服は回収できないので注意してください。
汚い状態の服は、洗うと着られる状態になる可能性があります。
回収してもらう前に、洗濯する意識を持ってください。

次に着用する人がいるので、その人が嫌な気持ちにならないよう考えましょう。
また少し壊れているだけなら、自分で修理できるとお思います。
ボタンが取れている場合は、すぐに直してください。
穴が開いていたとしても、別の布を当てて縫い付けることで修復できます。
自分が持っている服は壊れているので、回収できないと諦めている人はいませんか。
回収できるかもしれないので、条件をよく確認しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る