世界ではどれくらいリサイクル活動が進んでいるのか

リサイクル活動について調べよう

>

国によってゴミの出し方が変わる

海外の分別方法を確認しよう

アメリカでは分別してからゴミを出すルールにしても、守らない人が多いと言われます。
それでは正しいリサイクルができません。
ですから、回収してからゴミを分別するルールを採用しています。
それなら確実に、正しくゴミを分別できるでしょう。
確実性が高い方法ですが、手間が増えるという面がデメリットです。

業者が回収してから分別するので、かなりの負担になります。
人の負担を減らすために、機械を導入する施設も増えました。
たくさんの種類のゴミが混ざっていても、機械が自動で選別してくれるので作業員の負担は減ります。
しかし機械を導入する費用が高くなるので、デメリットを完全になくせたわけではありません。
さらに改良する必要があります。

分別のルールを知ろう

欧米と異なり、日本はゴミを出す人が分別しなければいけません。
間違って分別しても、誰も気づかないのでそのまま間違った処理をされてしまいます。
リサイクル活動にならないので、ゴミの分別に関するルールを知ることが重要です。
従来に比べて、現在はたくさんの種類が増えました。
燃えるゴミや燃えないゴミがありますし、燃えるゴミでも新聞紙や牛乳パックは別の方法で処分します。

さらにパックやペットボトルも専用のリサイクル方法があるので、他のものとは分けて回収してもらわなければいけません。
リサイクル方法を調べると非常に細かく分別するルールなので、面倒に感じるかもしれませんね。
しかし守らない人がいると、環境が悪化してしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る