世界ではどれくらいリサイクル活動が進んでいるのか

リサイクル活動について調べよう

>

どんな取り組みをしているのか

最もリサイクルが進んでいる国

ドイツは、最もリサイクル活動が進んでいる国だと言われています。
元々ゴミを埋め立てることができなかったり、焼却を禁止したりしていたために早くからリサイクル活動に取り組んでいました。
ですから現在では、何でもリサイクルして使うということが当たり前になっています。
1人だけリサイクル意識を持っていても、意味がありません。

市民全員が意識しないと、リサイクル活動は大きくなりません。
国がリサイクルを推奨して、そのために法律も細かく設定されています。
そのぐらいのことをしなければ、リサイクル活動を長年続けることはできないのでしょう。
日本は、まだリサイクルに関して詳しく知らない人が多いです。
そのような意識では、環境を守れません。

なぜゴミを焼却できないのか

燃やしてしまえば、簡単にゴミを処理できると考えている人が多いと思います。
ですが簡単に、焼却することはできません。
その理由は、有害物質が発生するからです。
自然環境を汚す有害物質や、生き物の身体に悪影響を与える有害物質が発生します。
すると生き物が、生活を送ることができなくなってしまいます。
そうならないために、全世界でリサイクル活動が進められています。

ドイツをはじめとした、ヨーロッパで特に推進されています。
早い段階でゴミの埋め立てや焼却を禁止したり、ゴミを細かく分別して回収することを義務付けました。
市民が協力することで、スムーズにリサイクル活動を進めることができています。
自分には関係ないという意識は、持たないでください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る