世界ではどれくらいリサイクル活動が進んでいるのか

リサイクル活動について調べよう

どんな取り組みをしているのか

世界を見ると、特にヨーロッパではリサイクルが深く浸透しています。 市民1人1人が、再利用する意識を持っています。 有害物質を発生させない意識があるので、綺麗な環境をいつまでも残せるでしょう。 日本もヨーロッパのリサイクル活動を、見習わなければいけませんね。

特にリサイクルが進んでいる国

全世界で、最もリサイクル活動が進んでいるのはドイツです。
ゴミを回収して焼却するのではなく、繰り返して使うことを徹底しています。
ドイツ以外にも、ヨーロッパではリサイクルが進んでいる傾向が見られます。
日本も見習って、何でもリサイクルして使う意識を持たなければいけません。
そもそもなぜ焼却しないように注意しているのかというと、有害物質が発生するからです。
発生した有害物質が、環境を汚してしまいます。

アメリカやカナダを見ると、日本と異なりゴミを分別して出すという習慣はありません。
しかし回収してから、業者がゴミを分別する仕組みになっています。
業者の手間が増えますが、誰もゴミを分別して出してくれないのでそのようなルールになっています。
日本では、きちんとゴミは市民が分別して、回収してもらうのがルールです。
間違えてゴミを出すと、そのまま回収されて正しくない方法で処分されてしまうので、間違えないでゴミを出してください。

世界では、使わなくなったものや着なくなった衣料品を、必要としている国に届ける取り組みが推奨されています。
貧困国では、まだまだ衣料品などが足りていません。
その人に衣料品などを届けることで、必要なくなったものでも再び使用できます。
捨てずに済むので、積極的にそのような取り組みをしなければいけません。
自分は必要ないと感じても、他の人はどう思うか考えましょう。
リサイクルする精神を持ちながら、生きてください。

国によってゴミの出し方が変わる

日本はゴミを出す人が、分別するのがルールです。 しかし国が変わると、分別のルールも変わると覚えておきましょう。 欧米ではゴミを捨てる時ではなく、回収してから分別する決まりです。 手間が掛かりますが、確実にゴミを分別するためにそのようなルールを採用しています。

貧困国に届ける方法

着なくなった衣料品を、捨てるのはもったいないです。 各国で、貧困国に届ける取り組みを積極的に行っています。 着るものがない国がまだまだ多いので、そのような国で再利用してもらいましょう。 どんどん貧困国に届けることで、無駄に衣料品を捨てることを回避できます。

TOPへ戻る